30代ワーママにおすすめの転職エージェント6選|2021年度版|実際に転職成功しました

ワーママにおすすめの転職エージェント2021年最新版 転職ノウハウ
ワーママ<br>Tさん
ワーママ
Tさん

ワーママにおすすめの転職エージェントってどれ?
転職エージェントってたくさんあるし、どこがいいの?
特色がどう違うのかわからない

こんなお悩みのワーママ、子育て世代の方へ、この記事ではワーママにおすすめの転職エージェントについて解説します。

私も実際に子供が2歳のときに転職エージェントを利用して転職しました

現在も2度目の転職活動中なので、実際に利用した身として解説しています。

さぬ
さぬ

転職エージェントはそれぞれ特色があります

年代、お住いの地域に合ったエージェントに登録しましょう

またこのご時世ですから、しっかり電話でも面談できるように各社サポートされているようです。

全て無料ですので安心して登録してくださいね。

転職エージェントって?

転職エージェントとは
  • 無料で利用できる(転職エージェントは企業から紹介料を取る仕組みのため)
  • 一般サイトには非公開の求人を紹介してくれる
  • 相談にのってくれて適切なマッチングをしてくれる
  • 面談の日時を調整してくれる
  • 年収や入社日を交渉してくれる

転職エージェントは企業に人材を紹介することが仕事で、報酬は企業から得ています。

そのため全て無料で利用できるわけです。

われわれ求職者側にはなんのリスクもないので登録しておきましょう。

30代ワーママにおすすめの転職エージェント6選

【2021年、ワーママが登録すべきエージェント 結論】
リクルートエージェント(or doda) + パソナキャリア の2社と、年収500万円以上の人はJACリクルートメントも登録しておきましょう
 

ポイントは複数のエージェントに登録することです

理由はまず第一に我々のような素人の場合、エージェントの担当者の質の良し悪しは判断できないからです。

複数登録して、比較することで信頼できて自分に合うの人はどちらか?と選ぶといいです。

第二に、非公開求人はそれぞれの転職エージェントで持っている案件が違うからです。

複数登録することで求人を広くカバーできます。

転職エージェントの登録数は平均5社と言われていますが、正直私の経験からいうと、お子さんが小さい場合、メール見きれない場合もでてきます。

メールをスルーしていると求人を送ってくれなくなったりするので、注意が必要です。

まずは2-3社ほど登録してみて、様子を見ましょう。

ワーママにおすすめの総合系転職エージェント

総合系転職エージェントとは、業界や業種に囚われず様々な求人を扱うエージェントのことです。

業界を絞りきらずに転職活動したい人や、今までの職種とは違う業種にチャレンジしたいという人に向いています。

さぬ
さぬ

私も実際に登録してお世話になりました!

転職エージェントを介して転職しました。

今回ご紹介する総合系転職エージェントはこの4社です。

それぞれ求人数を一覧にまとめました。

(*2020/9/21時点でそれぞれのHPに掲載があった内容)

リクルートエージェントdodaパソナキャリアマイナビエージェント
公式ホームページhttps://www.r-agent.comdodahttps://www.pasonacareer.jphttps://mynavi-agent.jp
公開求人数96,79460,33727,56917,532
非公開求人数109,012非公開非公開約7万
合計求人数205,806約10万約5.0万約8.5万
ターゲットの年齢層20代、30代20代、30代20-40代20代に力を入れてる
地域日本全国日本全国関東、関西、東海などが中心首都圏、関西エリアが中心

この表を見てわかるように、リクルートエージェントの求人数が圧倒的に多いです。

求人数をカバーするにはリクルートエージェントの登録は必須となってきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの詳細な紹介記事はこちらになります↓

公式サイト;https://www.r-agent.com

・求人数、利用者ともに業界No.1

・地方在住の場合はリクルートエージェントほぼ一択

・面談などサービスも充実しているため忙しい子育て世代にとって有難い

・サポート期間が3ヶ月と短い
・キャリアアドバイザーの数も半端ないので担当者の当たり外れがある

地方在住の場合は選択肢はリクルートエージェントほぼ一択です。

ほぼ、といったのは、dodaも全国展開しているから。

ただ求人数が圧倒的なためリクルートエージェントに登録してみて担当者と合わなかったらdodaも登録、という流れでOKです。

さぬ
さぬ

あなたがもし関東、関西、東海などの都市部にお住いの場合、パソナキャリアも推します

関東、関西、東海などの都市部にお住いでしたら、パソナキャリアもお勧めします。

特に初めての転職でしたらサポートが手厚く、女性の転職に専門のサポートチームのあるパソナキャリアはワーママにとっても心強いからです。

詳細はこちらの記事で解説しています。

リクルートエージェントはサポート期間が3ヶ月と短いので注意が必要です。

また人が多いことからキャリアアドバイザーの質も様々なのでリクルートエージェントだけで活動するのもリスクがあります。

doda

2おすすめエージェントdoda

公式サイト;doda

・全国展開されているため地域問わず利用可能

・サイトやアプリが使いやすいので忙しいワーママはありがたい

・利用者が多いのに対し、キャリアアドバイザーの数は少ないため利用を断られる場合も多い

リクルートエージェントと同じく全国展開している転職エージェントです。

求人数はリクルートエージェントについてNo.2です。

転職活動が初めてではなく、そこまで手厚いサポートがなくても容量が分かっている人はパソナキャリアでなくdodaでもいいです。

私の個人的な感想ですがサイトやアプリが一番使いやすいのはdodaです。

転職コラムやノウハウが充実したサイトで私も何度も利用しました。

女性特化したサイトもあり、モヤモヤ解消診断は特に面白かったです。

登録時にお断りされるかもしれないのでdoda一本でいくというより、他と併用して登録してみましょう。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアについては私が実際に利用した体験談も交えて特徴を解説しています↓

公式サイト;https://www.pasonacareer.jp

・丁寧なサポート力が評判で顧客満足度ランキング2年連続1位
・女性の転職に強い専門チームがあり、ワーママの転職にも強い
・求人の質が高く、超大手企業やホワイト企業の求人が多い

・公式サイトでは全国対応となっているので登録はできるが、地方は求人が少ない
・サポート期間が6ヶ月

サポート力の高さで評判の高い転職エージェントです。

さぬ
さぬ

転職初めての人は相談に乗ってもらえますので、登録しておきましょう!
面談での対応も丁寧でした。

関東、関西、東海など都市部以外の地方にお住いの方は、求人数が心もとないのでリクルートエージェント(担当者が合わなかった場合はdoda)も併用して登録しましょう。

マイナビエージェント

1おすすめマイナビエージェント

公式サイト;https://mynavi-agent.jp

・キャリアの軸が決まってない方や、また社会人歴が浅い方でも手厚くサポートしてくれると評判
・履歴書、職務経歴書の添削も熱心なので忙しい子育て世代には心強い

・20代向けに力を入れているため年齢でお断りされることも
・対象地域が限られます(首都圏、関西エリアが中心)

転職が初めてという方はサービスが充実しているので利用するといいと思います。

ただ2021年現在は20代に力をいれていて、年齢でお断りされることが多いそうです。

ワーママにおすすめの特化型転職エージェント

業界特化型の中小規模の転職エージェントです。

キャリアアドバイザーが業界に精通しているのが強みです。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

公式サイト;JAC Recruitment

・ハイクラス向けといわれていて年収500万以上の人におすすめ
・国内大手、外資系はワーママは狙い目

さぬ
さぬ

アラフォーになった現在利用しているエージェントです
対応力がありとても頼れますよ。おすすめです。

二度目の転職活動で実際利用していますが、面談もとても丁寧で親身に相談にのってくれました。

JACリクルートメントは国内大手、外資系に特化した転職エージェントです。

ハイクラス向けと言われていて、これまでのキャリアを活かして転職したい人に向いています。

現時点の年収が500万以上の人は登録しておきましょう。

WomanWill(ウーマンウィル)

ウーマンウィル

公式サイト;ウーマンウィル

女性採用に積極的な求人が集約されているため効率的に転職活動ができます

こちらのサービスは首都圏向けになっています
地方の方はdodaリクルートエージェントに登録しましょう

株式会社マイナビが展開する女性特化型の転職エージェントです。

女性というだけで書類選考を落とされることがないので書類の通過率は高いです。

ただ業界業種に偏りがあります。

転職エージェントを利用する上での注意点

転職エージェントのビジネスの仕組みとして知っておいてほしいのですが、

転職エージェントが企業から得る報酬の額は内定者の年収で決まります。(だいたい年収の30%といわれています)

そのため自分たちの利益を優先して年収の高い求人を勧めてくる転職エージェントも中にはいます。

たとえば事務職を希望しているのに、営業職ばかり勧めてくる・・・、といった話はよく聞きます。

ですからやたらと年収の高い職種を勧めてくるなと思ったら、違う転職エージェントに切り替えてください。

まとめ 30代ワーママおすすめ転職エージェント6選

【特化型転職エージェント】
・年収500万以上 日系大手、外資系→JACリクルートメント
・女性特化→WomanWill

2021年現在、30代ワーママはリクルートエージェント(またはdoda)+パソナキャリアの2社プラス、年収500万以上の人はJACリクルートメントの登録が必須となります。

また、転職エージェントに登録するからといって転職しないといけない、ということはありません。

自分の市場価値をしりたい、どんな求人があるのか知りたい、という理由で登録してもOKです。

積極的に登録してみましょう。

あなたにとって理想的な生き方ができるように応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました